2011年05月01日

愉快、愉快。

良い文にであった。
電車のなかで読んでいたペーパーなのだけれど
リズムが心地よい。
書き手の調子にまんまとひっかったままに先に進む。
ある本を紹介した短い文なのだけれども
書き手の一定のリズムが
あるところで調子が変った。
意識的なのか、そうではないのかはわからないけれども
思わずニヤリとしてしまった。
そのあとには何事もなかったように書き手のリズムは戻っている。
なんだかだまし討ちにあったような愉快さだった。

電車を降りてからも
しばらくは愉快が残り
銀座の路地を曲がり、曲がり
おいしい日本酒にありついたわけで
愉快、愉快。
posted by yura at 21:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 今日はこんな日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。