2011年03月21日

いつもと、同じじゃなくてもいいじゃない!

東京は雨、静かな朝です。

テレビでは、東京のマーケットやコンビニの映像が映っています。
商品がない棚が映し出され、
長い列や、買えなかった人のコメントが流れています。

震災前には”断捨離”
震災後にはこの始末。
”断捨離”は余裕のある人たちの
流行やファッションだったのでしょうか。

一度広がってしまった生活をもとに戻すのは
とても大変ことです。
小さいときに、祖父母や両親たちが言っていた
「一度広がった生活は、戻すことは大変だよ」と
言っていたことが思い出されます。
戦争を経験し、物がない時代を過ごし
高度経済成長のなかで、日に日に便利になる生活。
そして、贅沢をする余裕がでてきたこと。
その贅沢も多少の罪悪感を感じながらだったはず。
いつのまにか、便利と快適が最優先され
実現できなければ、不満やストレスとなっているようです。

同じような生活を維持しようとしての買いあさりのような気がします。
物がない不安は理解できます。
実際、棚に物がないコンビニは非日常の光景です。
本当に今必要なものなにのかどうか
考えてから行動していきたいと思います。
posted by yura at 09:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 今日はこんな日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。